スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
いよいよ
鉄剤の静脈注射により諸症状が劇的に改善しつつあるといっても、根本原因はそのまま。
いよいよその根治術に臨みます。

3食付き昼寝し放題、約10日間の旅行に行ってまいります(笑)。
景色が変わるわけもなく、自由行動があるわけもなく、ましてや食事に期待などとんでもない!
とりあえず、自由時間に読む本だけは用意しました。

私、本を読むのはとても速いので、この機会にたくさん読むつもりにしていましたが、旅行前のある事情からもって出掛ける本は最小限にとどめ、千羽鶴用の小さな折り紙をたくさん持って行くことにしました。
自分のためではありません。
20何年来の友達の病気平癒祈願のため・・・。
なんとしても元気になってもらって、一緒にバーさんになって、温泉めぐりをしたいのです。

今回はきちんとご挨拶致します。
しばらくブログの更新をお休みします。
よかった、ちゃんと皆さんにお伝えすることが出来た。
自分の体のメンテナンスをしっかりして、暖かくなったらまた皆さんにお目にかかりたいと思います。
スポンサーサイト
【2007/02/08 01:37】 | つれづれ・・・ | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
劇的改善
人間の体のなんと不思議なことか!

上半身右側の不調・・・耳鳴り、頭痛、首の痛み、そして動悸息切れ。
毎日の鉄剤の静脈注射と通常の鉄剤の2倍の量の服用により約10日で劇的改善がみられました。
ほんの何mgかの鉄分の不足が、上記のような様々な症状を引き起こし、その体調の悪さが毎日の生活レベルを引き下げ、超明るい私の性格をも暗~くしつつあったのでした。
鉄分なんて果たして栄養素と言えるのか?  ミネラルはとっても重要と聞くが・・・。

人間の体って、こんな小さなこと一つでも不調のどん底になるし、また、飛び跳ねることが出来るくらい良くもなる。
不思議ですね~。  つくづく自然の創造物の一部である自分を感じてしまいました。

ささいな事で不調になるお話をもう一つ。
私の母は、胃癌による胃の全摘手術を20数年前に受けているので、胃による栄養摂取が出来ません。
当然、胃の代わりを食道や腸の一部がしてくれているわけですが、いろいろな弊害があります。  一度の食事の量が制限されることに始まり、食物の逆流、胸焼け、食事の後の体のだるさ・・・など。
でも、これらは年数がたてばどんどん楽になります。
5~6年前頃にわかった胃がないことの重篤な弊害。
ビタミン12の摂取不能による、体のしびれ・歩行障害・起立障害。
なんとなく体がしびれる・歩きづらい・ふらつく、という症状が出始めて、いろんな科を受診し検査を受け、半年たった頃やっと原因が分かりました。

母が手術を受けた頃と今では医学も飛躍的に進歩していると思いました。  以前分からなかったことが解明できているのですから。
最近の胃癌の手術では、胆嚢に砂が溜まり石化することを防ぐため、胆嚢も同時摘出するそうです。  また、胃がないとビタミン12の経口摂取が不可能に近いため、定期的に注射を受けるそうです。
たかがビタミン一つ、されどビタミン一つ。

私の体の不調の話・・・。
原因が分からないと不安になって、眼科に検査に行きました。
眼圧の上昇と緑内障を疑ってました。  結果わかったのは、視力の相当な低下だけでした(笑)。  眼鏡を作り変えることになってしまいました。  あ~、またお金がかかる・・・。
普段は眼鏡をかけません。  運転免許の更新だってクリアーしてたのに・・・。

それでも楽にならないひどい頭痛と体の不調に、整形外科と脳神経外科の予約を入れようと思っていました。
手術までにとりあえず出来る検査を全て受けて、と思っていましたが、ここ何日かの劇的改善に、貧血による鉄分の不足があれだけの不調を作り出していたのだとわかりました。
手術を受けるともっと楽になるかな~。

自分の体のことですけど、人間って、ホント不思議な生き物!
心が見えないことも摩訶不思議だけれど、体の細胞一つ一つもとっても不思議!
【2007/02/07 11:31】 | つれづれ・・・ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
節分祭
2月3日は節分祭。
邪気を追い払い、これからの1年が良い年であるようにと豆まきをする日ですよね。 

私の住んでいるところの氏神様でも節分祭の餅まきと豆まきがありました。 その節分祭に合わせ、厄年の厄除け祈願なんかもしてもらえます。
私が自分の病気平癒の祈願に行くつもりで用意していると、模試から帰ってきた娘が一緒に行くと言いました。  氏子衆に配られた節分祭と厄除けの案内を見ながら、「お母さん、私厄年だよ。」って・・・。
ええ~!?
娘は高校2年生、17歳。
ってことは、数えの19歳?

うわ~!  忘れてました、こんな大事なこと。
娘よ、よくぞ模試が終わってまっすぐ家に帰ってきた!
よくぞその案内を見たもんだ!  そして自分が該当すると気付いたもんだ!
そうだよ、あんたは間違いなく女19歳の大厄だ。
あわてて娘の厄除け祈願の初穂料も用意して、部活に行っている息子は放っておいて、夫と3人で氏神様にお参りしてきました。
寝殿に上がってお払いしてもらって玉串を奉納して、それぞれお守りとちょっとしたものをいただいて、なんとなくほっこりして下がりました。
参道の出店をひやかすだけで何も買わず、あまりの寒さにさっさと家路に着きました。

家に帰ると、ちょうど息子が部活から帰ってきたところ。
今から友達と豆まきに行くという・・・。
いえ、豆をまくんじゃなくて、豆まきの豆を拾いに行くんです。
結構すごい熱気と勢いと怒鳴り声との協演で、私なんかは近寄るのも怖いくらい。
そうね、息子達が参加するにはちょうどいいかも。
なんたって有り余る体力。 
でも、おばちゃんパワーを軽く見ないように!
ああいう場所で1番怖いのは、おばちゃんの集団なのよ!
自分もそのおばちゃんの1人であることを忘れて息子に注意したのでした。

立春が過ぎて雨水、啓蟄、春分・・・と春に向かって季節が流れていきます。
【2007/02/05 11:48】 | 家族の話 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
『げっ!』
先日受けた検査結果を聞きに行きました。

担当医のお話
『これといって特に問題はありませんでしたよ。
 ただ、貧血を示す数値がかなりよくありません。
 術後の回復を順調に進めるため、これから入院まで毎日鉄剤の静  脈注射を受けに来てくださいね。
 いいですか、毎日です。
 採血室にはオーダーを出しておきますからね。』
ええ~、毎日~・・・。
いえ、自分の体のことですからね、来ますよ、来ます。
後何日あるんだ? 
   ・・・、と思っていると・・・

『げっ!』
えっ?何?
胸のレントゲン写真を見ながら
『ほら、ここ。 ここ、わかりますか?
 心臓に毛が生えてるでしょ。
 あーはっはっは。 くっくっく・・・。』
って、一人言って一人笑ってらっしゃる。
周りの看護師さんの冷た~い視線があまりにも可哀想で、つい
「先生、よく見つけてくださいました。
 実は、周りからよく言われてたんです。
 ただ私の場合、毛は毛でも[たわしの毛]って言われてまして・・・。
 ほら、これですよ、これ!」
言っちゃいました。
しーんとしてた診察室がドッと沸き上がって・・・。

叱られました、看護主任さんに。
先生と私、2人そろって。
大きな病院ですから診察室といっても横並びで1診から3診まであって、何とか指導室とか内診室とか、妊婦さんも患者さんもたくさんいらっしゃる。
看護師さん曰く
『ここは病院です。 調子の悪い方もいらっしゃるんです。 
 お2人ともほどほどに。』

私の担当医の先生は、同年くらいだろうと思います。
今で言う昭和のダジャレが通じる世代なんですが、やっぱり時と場合を考えないといけませんでした。
私個人としては、つまらないダジャレでも笑うことが出来るのは幸せなことだと思うのですが、病院では笑いたくない人もいるということも忘れちゃいけないんですね。

さて、私の心臓には本当にたわしの毛が生えているのか?
実家の両親や妹弟、友達や子供たちにも言われます。
「心臓に毛が生えてる人はたくさんいるだろうけど、たわしの毛みた
 いな頑丈な毛の人は少ないんじゃない?」
いいべ、なんとでも好きに言ってくれ!

私の担当医は笑える、いえ、冷たい視線にも負けない笑いの好きな明るい先生です。
【2007/02/03 16:30】 | つれづれ・・・ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
初釜
1月中に書いておかなくっちゃ!
初釜の話。

私SNAFKINは、どちらかというと体育会系です。
いやどう見ても体育会系です!  なんですが、近所の生協仲間のおば様に誘われて、月1回お茶のお稽古をしています。
かれこれ1年余りになりますか・・・。
昔若かりし独身時代、お茶のお稽古もしてましたよ。
O・Lのお稽古としてお茶・お花・着付け・お料理・・・な~んてのが全盛のバブル時代に、です。  両親からの強力な圧力の下、お茶とお花は通っておりました。

それから何十年もたって、ふとしたご縁で月1回ではありますがお茶のお稽古に通うことになったのです。
うちの近所の豪邸前の駐車場が、生協の共同購入の集合場所になっています。  その豪邸にお住まいの奥様も共同購入に参加なさっています。  気さくな明るい色白美人の奥様。  ある日の皆さんの話題がお抹茶のお点前のことで、生協の購入品を仕分けしながらとっても盛り上がっていました。  何十年か前にお茶のお稽古に通っていたことを何気なく私も話しました。  購入品をそれぞれ自宅に持ち帰ってしばらく後、豪邸の奥様から電話があり一度お茶席にどうぞと誘われて、それがご縁でずっとお稽古に通ってます。

日にちも曜日も気の向くまま、先生と生徒の2人だけ。
豪邸の奥まった一室でお湯の沸く音を聞くのはとてもいいものです。
気まぐれの楽しみのお稽古ということで月謝を取っていただけませんが、心ばかりのお中元とお歳暮のみで私も非日常を味合わせてもらっています。

お稽古に通い始めて2回目の初釜。
昨年の初釜のお茶事は全て先生手作りのお料理でしたが、今年は仕出し屋さんの懐石弁当でした。  高いんだろうなあ・・・。
「初釜の流れを一通りしますからね。」と、2人だけではありますが、お炭点前から始まりました。
いやもう、細かくは書けません。  一通りの流れって言ったって・・・、4時間ですから!  途中、立ったり座ったり準備したり・・・、でも足が、足がつりました。  しびれを治すのは慣れてますが、こむら返りは・・・恥ずかしかったです。

お料理も美味しかったし、先生が作ってくださった海老しんじょのお吸い物も美味しかった。  もちろん、花びら餅も!
大好きなんです、花びら餅。  ほんのりピンク色の甘酸っぱい餡となぜかごぼうの取り合わせ。  一つしかいただけないのが残念、と思っていたら、おみやげに家族の分もいただきました。

体調が良くないのも忘れて、非日常への小旅行の様な気分にどっぷり浸って晩ご飯を作るのがちょっとしんどかった私です(笑)。
こういう日もなくちゃ!
【2007/01/31 12:14】 | 私のこと | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。