スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ただそこにいる幸せ
親しい、本当に親しい友達と久しぶりに会いました。  
我が家で数時間のお茶会ですが、とても心が暖かくなりました。  
もろもろの事情で今は遠く離れたところで暮らす友達ですが、友達という関係において、時間と空間は時々意味がないのではと思えるくらいほっとした時間でした。  おばさん3人がお互いをぎゅっとハグしているのは、外目にはなんとも異様な絵図?でしょうが、友達に抱き締められるのっていいですねぇ。
その友達がそこにいるのだというだけで、心がすこうし満たされます。  もちろん、家族もそこにいるだけで嬉しい。  でも、友達ってまた違う良さがあるような気がします。

時間や空間を隔てて疎遠になっていく友達も、もちろんあります。仕方のないことですが・・・。  そうかと思うと、親しくお付き合いが始まる人もあります。
人間て、単純で複雑で淋しがり屋で面白くて、そしてやっぱり暖かい。  その関係は面倒くさいこともありますが、私は人が好きです。
このブログの向こう側の存在も‘人’、実生活のお付き合いも‘人’。そこには何らかの感情が存在し、また消えていく。
そう考えるとここ何日かの凹みもなんだかばかばかしくなって・・・。

とことん考えましたので、あとは、LET IT BE!
ただそこにいる幸せ。  小さな楽しみを探す喜びを忘れず、みなさんとここにいる幸せ・・・。
スポンサーサイト
【2006/02/26 16:10】 | 友達 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
PCがご機嫌斜め
忙しいしのにやる気は起こらないし、PCは不具合だし、ここ2~3日、少し凹み気味でイライラ。
そのうえ、PCの不具合についていろいろ教えてくださったbiscoさんにコメントが送れない。  禁止キーワードのページに飛んでしまう。
biscoさん、ごめんなさい。 
ちゃんとお礼が言いたいのにどうしようもない。 
どうしてくれよう、このジレンマ!
小さな楽しみを探すはずのブログが、PCについての知識不足のため自己嫌悪です。

ごめんなさい、みなさん。
今日の私の文章は良くないと分かっていながら、心のままに書いています。
【2006/02/24 01:50】 | つれづれ・・・ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
神様からの罰
『天網恢恢、疎にしてもらさず』子供達にお説教するとき、よく口にする言葉です。
神が天上界にはりめぐらせる網は、人間から見れば、とても目が粗く何事もすり抜けるように見えるが、人間の悪事を余すことなく暴き、そして罰を加える、と言うような意味です。

先週、娘の生活態度がなっていないことを叱りましたが、早速痛い目を、親子して見ることになりました。
昨日、部活を終えた帰宅途中、車と軽い接触事故を起こして、ドライバーに怒鳴られとても怖い思いをした娘。  相手は急いでいたらしく、娘の住所や名前等を確認して自転車を蹴りつけて行ってしまったとのこと。
ね、遅い時間に帰ってくるのは仕方がなくても、それがどうした、なんて思っていなければこんな事は起こらなかったはずだと、私は娘に言いました。  これが娘の罰。
そして私の罰。  閉め出したのが正しかったのかどうか、まだ考えていました。
娘の事故により、ずいぶん遠い警察署まで、夜遅く凍て付く雨あがりの道を自転車で行きました。  真冬の冷たい夜の閉め出しはいけません、時間の長短に関係なく。  寒かったあ~!  

‘しまった’という心のひっかかりを考えながら生活していると、そのリアクションは、割と早く現れるような気がします。  その反対に、いけないことをして反省もなく暮らしていると、忘れた頃に‘どうしてこんな目に遭うの’という罰を与えられるような気がします。
私が、夫のアルコール依存症でいろんな思いをするのも、「もっとよく考えなさい。」という、自然の気からの教えなのかもしれません。

娘と二人、いろいろ話をしてお互いに反省したのです。(^^ゞ
まだまだ未熟なSNAFKINです。
【2006/02/21 16:54】 | 家族の話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今日の新聞より
バタバタと夫と子供達が出かけたあとの朝の時間。
朝食をとりながらゆっくり新聞を読むのが好きです。

今日の新聞の投稿欄より、ちょっとそうよね、と思った言葉。
『夫婦は世界一の友達だから』
投稿者の方が結婚されたときにおじい様から贈られた言葉、今度はご子息に贈りたいと 書かれていた。

歳を重ね、夫婦として、父として母として、いろいろな出来事を経た今、私もそう思うのです、心から。  そうありたいと願っている、と言った方がいいでしょうか。
燃えるような恋愛感情も素敵だとずいぶん憧れました。  が、今は、人生の半分以上の時間と空間を共有する夫には、一緒のスタンスで歩んでくれる人がいいと思うようになりました。
最初からそうでなくとも、これからそうでありたいと・・・。
夫の世界一の友達になりたいと・・・。
【2006/02/21 15:17】 | ちょっといいPHRASE | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うちの娘
怒涛のような2週間の予定の内、半分の1週間が終わりました。  何とか順調だと思っていたら、子供達それぞれにどっか~んと私が切れたのです。

今日は娘の話
木曜日、学校に行く前に 「今日は接骨院に行くから、部活を早めに切り上げて間に合うよう帰ってくるね。」と言うので、こちらもそのつもりで夕方お金を用意して待っていた。
受付は6時30分まで。  それなのに娘が帰ってきたのは6時45分。  もう駄目よと言う私の声を振り切って、無理やり診てもらったらしい。  確かにそこの先生はとてもいい先生で、家族それぞれお世話になってるし無理も聞いてくださる。  だからといって、続けて2回の遅刻は失礼でしょ!
8時前に帰ってきて、 「クラスの合唱の伴奏をするので今から楽譜を探しに行く。」と言う。
ここでどっか~ん!

接骨院にも行きたい、楽譜も探さなくちゃいけない、というのなら、部活を休んで自分の時間配分を考えるべきだと思うのです。
夜遅くから平気で出かける今頃の高校生。  自分からどうぞ襲ってくださいと言っているようなものだと思いませんか?
娘曰く、「部活を休むとダブルスの相手に迷惑をかけるから。」(娘はバドミントンをしています)
「今日に楽譜を用意するとクラスで言ったから。」
それならなおさら部活の時間を削って、自分の責任を果たすべき!
足が痛いのは自分一人のこと、我慢して、周りに迷惑をかけることがないよう優先事項をよく考えるべきだと、娘に言いました。

それでもなお携帯と財布を持って出かけようとする娘。
「勝手にしなさい。」と閉め出してしまいました。  やりすぎた、と思ったのですが、後にひけません。  ここで親が折れると、自己責任とメンツについて考えなくなってしまう。
さすがの娘も、それでも出かけることはしませんでしたが、高校生と親の世代の時間の感覚のずれ、責任感の感じ方のずれについて、私のほうが考え込んでしまいました。

自分ひとりで行動出来ること、周りの協力をお願いすること。
自分のメンツのために自身が頑張るのは良いことだと思うのですが、誰かに迷惑をかけて成り立つメンツってそんなの自己欺瞞!

ああ、でも、昔のSNFKINもきっと今の娘のようだったのだと、未熟な自分を振り返る出来事でもあったのです。
【2006/02/19 15:27】 | 家族の話 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ちょっと忙しい(ToT)/~~~
中学生の息子が、今日からスキー合宿です。  先週末の自分の用事に加え、スキーの用意になんだかんだと手をとられ、ちょっとイライラ。
することを紙に書きだして、「こんなに~(涙)」と、思ったけれど、優先順位をつけて一つずつ消していく度、かいか~ん!

11日、土曜日
私の住んでいる市のPTAコーラスの小・中学校交歓発表会
PTAコーラスも4年目になりますが、年二回の大きな発表会を8回経験して、初めて『ブラボー!』なる掛け声をいただきました。
一人で歌う独唱の緊張感もすごいものでしょうが、多人数でハーモニーの美しさ、でしゃばらない声のまとまり (うまく言えませんが) を、一人一人が歌い上げていくのがコーラスの醍醐味ですね。
その後の反省会兼一年の活動の打ち上げの食事会は、とても楽しいものでした。  もちろん、美味しく完食。

12日、日曜日
断酒会の家族研修会
この日は、お酒を止めようとしている本人ではなくて、その家族の研修会でした。
普段の例会と違い、専門病院のお医者様、ソーシャルワーカーの先生、とアドバイスを下さる方々が出席されていました。
今の私は、夫に怒りを覚えるというより、自分自身の感情をもてあましているという状態です。  (だから、ブログを立ち上げたのですが・・・)
夫の不完全さを責める不完全な私。  お酒を飲んで、人間ではなくなっていた頃のお父さんをずっと責める息子。
機能不全家庭に育った夫によって、私達家族も機能不全家庭になったと思っていましたが、そうなる手助けをしていたのは誰でもない、私です。
ソーシャルワーカーの先生のお話はとても心に沁みるものでした。  詳しい内容と感想は心の中で噛み砕いてから、またの機会に書ければ良いなあと思います。

医療費の計算が合わない(T_T)
やっとそろった確定申告用の医療費の領収書と、家計簿から抜き出しておいた医療費が合わない。
で、一つずつ突合せしていったのです。  今までにも何回となく医療費の控除申告をしていますが、こんなことは初めてです。
これも歳のせい?にして、笑って何とか終わらせました。  後は書きこむだけ、ホッ。

こども110番の家
最近、どこへ行っても見かけるこども110番の家の旗。
自治会のおじいちゃん達が、もっと増やして活動も活発にしなさいと、のたもうた。  お願いですから、口を挟むなら協力してください。ブツブツ思いながら、自治会とこども会と中学校の先生と打ち合わせを済ませて、近日中に町内の旗の家を訪問予定。
ここまで段取りを組んでおけば、後は楽に動くことができます。

そして、この忙しさ(本当はそうでもない)を理由に家の中の方付けをさぼっている私。
いけませんねぇ。  悪い癖だと分かっていながら、とりあえず、ま、いっか~!(笑)
このブログを書いたら、主婦モードに切り替えて動きます。
【2006/02/15 10:48】 | つれづれ・・・ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
いいお天気
今日もいいお天気!
昨日調子に乗りすぎて干せないくらいいろいろ洗濯してしまった。(T_T)で、今日もうちのベランダにはいっぱいの洗濯ものがはためいている。
なんか気持ちいい!

夕方から断酒会に行くので、さっさと買い物に行って、家の中片付けて、夕飯作って・・・。
明日、あさっても忙しい。  来週は少しゆっくりとできるかしら。
気になる確定申告と中学部会の引継ぎに取りかかれるかな。

どうも忙しい日が続くとだめな私。
そうそう、こういう時は、することを書き出しておこう。
【2006/02/10 11:16】 | お天気 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ちょっといいPHRASE・・・
「知る」とは自分が変わること

『バカの壁』の著者で解剖学者の養老孟司さんがある新聞のエッセーで書いておられた言葉。
これは、私に、とてもグサリときた。

「自分を変えない知識には、あまり意味はない。学ぶなら自分が変わるまで学びなさい。学んでも相変わらず同じ世界に住んでいるなら、学んだことになっていない。自分が変わるためには、何かを知ること、それがいちばんいい方法なのである。」

これはただ単に勉学の話ではなくて、生きていく、暮らしていく全てに言えることだと思った。 ご飯を作ること、掃除をすること、人と話をすること。 
何かを知ってそれが自分の一部になれば、その何かは自ずとにじみ出て来るであろう。 知っているよ、とひけらかすのでもなく、その人そのものの魅力となるのではないかと思う。

自分のレベルアップに時間の制限はないのだと肝に銘じて、今日の洗濯物を干したのです。
気持ちのいい青空、風はまだまだ冷たいけれど、なんとなく春を感じたくて、こたつカバーを淡いピンク色にかけ替えました。
【2006/02/09 14:02】 | ちょっといいPHRASE | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私のこと
こんな私のブログを訪れてくださる方々に、私のことを少し知って欲しくて・・・

アルコール依存症から立ち直るべく断酒会に通う夫、生意気ではあるけれどわが道を行く高校生の娘、反抗期なのにマザコンの中学生の息子、そして超能天気な私の4人家族。
夫のアルコールによる暴力、暴言、鬱に苦しみながらも、何とか家族間の絆を紡ぎ続けている毎日です。
過去の辛かったこと、逃げ出したかったこと、マイナスな出来事を書いているとキリがありません。 それはまた、少しずつ心の整理をしながら書いていきたいと思います。

多少凹んだりすることもあるのですが、もともとが楽天家なのでしょうね、小さな楽しみを見つけるだけで毎日HAPPYになれます。
辛い現実もじっとにらみつけて、負けるものか、へこたれるものか、と体当たりして来ました。 ていうか、そういう性格なんです。
私の唯一の現実逃避は、寝ること、そう寝て体力を温存するのです。

といっても、一応ひと科の動物ですから、ストレスはかなりのものがあるはずなのですが、それがストレスから来る症状だと気付くのにずいぶん時間がかかりました。 おばさんになってから喘息を発症し、胃壁は波波に変形し、栄養素の一部を取り込むことが出来ないため、サプリメントの愛飲者となってしまいました。

何年もその症状でお世話になっているお医者様に、夫も高血圧で診ていただくようになって数ヶ月、私の身体的症状は、全てではないが夫のアルコール依存から来ているものと診断されました。 これにはびっくり! 
だって、夫のことで悩んではいましたが、それでも食事は美味しく、そして睡眠もしっかりとっていたのですから。

心の反応に体は正直に応えるということを思い知りました。

それでも今が好きです。
時間が流れてくれるから、必ず過去になり、また楽しい明日を夢見ることが出来る。 とても都合のいい私流の考え方ですが・・・(^^♪)

子供達からは、「そんなお気楽な人ってお母さんぐらいよ」と言われたりもするのですが、「私は私」と気にしません。

これからも日々の小さな楽しみを見つけて暮らしていければいいなあ!もちろん、このブログもその一つ、訪れてくださる皆さんのコメントもその一つ、そして皆さんのブログに遊びに行かせていただくのもその一つ。

また少しずつ機会があれば、私のこと、書いていきたいと思います。 
【2006/02/08 01:07】 | 私のこと | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ブログ
今日は昨日の雨もあがって、何とか洗濯物が干せそう。 雨あがりで嬉しいというより、私のブログに遊びに来てくださった方がいるというのが嬉しい!
新しい友達ができたときのような、そんな高揚した気分です。
【2006/02/07 10:55】 | ブログ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ブログ
いろんな人のホームページやブログをたくさん見ました。 すごい! 記事も編集もイラストも・・・。
思うことがきちんとまとめられ、正直な自分がさらけ出されているブログには涙が出そうになりました。 誰もがみんな自分のことを認めてもらいたくて、知ってもらいたくて、訴えたくて、インターネットという媒体の中で叫んでいるような気がしました。
振り返って私はどうなんだろうか?
日々の思いのたけを書き込むことにこめているだろうか?
少しずつ私のこと、我が家のこと、今までのいっぱいいっぱいの思いを書いて行く事に努力しよう。
【2006/02/05 16:37】 | ブログ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。