スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
適正・適職診断
『ニュートラ 適性・適職診断』なるものをやってみました。


             私の診断結果

仕事 組織で働くより、独立した仕事が向くタイプ
性格 かなりクールな芸術家タイプ

特に向いている職種は?
作家、画家、彫刻家、作詞家、作曲家、翻訳家、応用研究者、学者、伝統工芸や芸能関係、音楽関係、フラワーアレンジメント、シェフ、料理研究家、コンピュータのソフト開発など
完全な攻めのタイプ。
守るものが少ないので攻められても強いタイプです

内向性
0□□□□□
外向性
5■■■■■

組織で働くより、独立した仕事が向くタイプ
作家、画家、彫刻家、音楽関係などの芸術家に多いタイプです。
企業などの組織に属するより、独立して仕事する方が向いているでしょう。
芸術家そのものにならなくても、自分の好きなアート関係や自分の価値観に合った製造、販売業が向いています。 せっかくポジティヴで個性的な性格をもらったのですから、大きな夢にチャレンジしてみてください。 新しいベンチャー系の仕事を立ち上げたり、自分で考えたり企画する仕事などであなたの個性は活きるでしょう。
どんな分野で自分を活かしたいかを決めて、納得いくまでチャレンジすれば、自然と道は開けてきます。
そして、相手への気配りを学んでください。

かなりクールな芸術家タイプ
自分の主義、主張をしっかりもったクールなタイプ。
考え方はポジティヴでいつもクリエイティヴですが、白黒決着を付けないと気が済まないので、結果として周囲に対する配慮が欠ける傾向があります。
自分の好みがはっきりとしていて、その分野の仕事なら絶対の自信をもっています。 言いたいこともはっきり言うので、周囲はあなたを認めざるを得ません。 そのため、組織のなかでは同僚や部下、後輩からは孤立する傾向があります。
人間関係ではどうしても自分の好みと論理優先になりがちで、それが通る環境では大成功をおさめますが、人情がからむ世界ではあなたの個性が活かせません。

幼い頃から自分の進む道を決めている人が多いようです。
社会に出るとわりと目立つタイプですが、周囲から何と言われようともあなたは気にもしないでしょう。 孤立を恐れませんが、いつもがんばり過ぎる傾向がありますから、時には家族や親しい友人に弱音を吐いてもいいんですよ。


う~ん・・・。
今現在無職ですから、なんとも言えません。  主婦って立派な職業だと思っているので、今の職業=主婦って言う構図が社会に認められるようになれば、また違ってくるのかなあ?
自分の性格からこの診断を見ると、かなり当たってる!
書いてあることを一言で要約すると、き・つ・い性格だってことか・・・。
わかってはいるもののこうもはっきり診断結果が出ると、ちょっと考えこんでいるSNAFKINでございます。  いや、ほんのちょっとだけ・・・、もちろんこの性格、落ち込むことなんてありえません!


『ニュートラ 適性・適職診断』
スポンサーサイト
【2006/04/29 16:23】 | 私のこと | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
それって‘年’じゃん!
風邪をひいて2・3日寝込み、確かに食欲もなかった・・・。
今朝体重計に乗ってみると「えっ!うそ~。」  か~るく2kg減っているではないか!  何度も測り直したけれど、結果は-2kg。

嬉しくなっちゃって、ルンルンお弁当を作って、起きてきた娘に早速報告。  ふんふん、と寝ぼけた顔で聞いていた娘、朝ご飯を食べてコンタクトを入れて髪形をワックスで整えたら、学校モードの顔でこう言った。
「前におばあさん(私の母)が風邪ひいて、なかなか治んないからお医者さんに行ったでしょ。 あの時おばあさんも体重2・3kg落ちたって言ってたよね。 で、お医者さんに言われたそうだよ、おばあさん。年を取って新陳代謝が落ちているのに風邪なんかひいて体力消耗すると、すぐに体重が減るんだってさ。 だからお年寄りは風邪ひいても簡単に亡くなっちゃうんだってよ。よお~く気を付けないと駄目だって。」  そう言えば、そんなこと言ってたっけなあ・・・?

「じゃ、行ってきま~す!」とお弁当と水筒を持ってリビングから出て行った。
夫と息子のお弁当を包みながら、ん!ちょっと待てよ・・・。
それって、それって、私も年だってこと?
そうなのね・・・。
やっぱり病気で体重が落ちるのはよくないんだわ!

そして元気になったSNAFKINは、青空の下、帽子をかぶって、お買い物と銀行回りと諸々の用事に歩いて出掛けたのでございます。
あ~、疲れた!  っと、やっぱ年?
【2006/04/25 14:59】 | つれづれ・・・ | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
む~くんで、ひ~からびて・・・
上記のタイトルは、『む~す~んで、ひ~らい~て』のフレーズでお願いします。

ということで、先日の嵐の日に出掛けたのが悪かったのか、睡眠不足がたたっているのか、風邪をひいて発熱のため、体中がむくんで干からびているSNAFKINでございます。  もう体中の関節という関節が痛い、眠いのに鼻が詰まって喉が痛くて寝られない、そして、ぼんやりと部屋の埃が日光にあたってきらめくのを「きれいなもんだなあ~」と眺めている午後のひと時でございます。

久しぶりにゆっくりとした土・日を過ごしています。
PCを独占していても家族に文句も言われず、そういう面ではとても嬉しいのです。  たまに寝込むのもいいかも・・・。
しかし、明日からまた、脅威のお弁当3つが待っている!  ゆっくりまったりしていられるのも今晩まで。

むくみと干からびを治すべく、水分補給に励んでおります。
若い頃は、こんなことなかったになあ~、はあ~・・・。
【2006/04/23 17:17】 | つれづれ・・・ | トラックバック(0) | コメント(17) | page top↑
眠い・・・
子供達の新学期が始まって、PTAである親も忙しくなり始める時期です。  PTA役員の改選期でもあるのですが、本部役員のほとんどは、子供が卒業しないかぎり昨年度からの持ち上がりです。

子供達が保育園にお世話になり、幼稚園、小学校・・・と進学し、それぞれの子供で役員を引き受けてきました。  最初に保育園で役員になったとき、PTA役員とはボランティアで雑用係で何でも屋であることを認識しました。  子供が2人いるのですから、お世話になっている恩返しのようなものだと軽く思っておりました。  役員を通して友達もたくさん出来ましたし、今現在の教育について考える機会にも恵まれました。  仕事を持っていらっしゃるお母さん方はそれだけで社会に貢献されていると思っていましたから、ある意味、専業主婦である私が自分の時間を、PTA役員をいう形で社会に提供しているのだとも思っていました。  友達にも、『子供のために出来ることがあるのなら・・・』とか、『日ごろお世話になるばかりでなく、自分が出来るときに恩返しを・・・』という考えの持ち主が多く、役員経験最初の頃はさして苦痛にも思いませんでした。

が、子供達が進級するに従い、ある程度の入れ替わりはあるものの役員の顔ぶれは大体決まった顔がそろうようになりました。  毎年選挙があるのですが、その後ろには先生方やPTAの本部の意図が読み取れるようになりました。  心安いメンバーでよく動いてくれる人が役員になるほうが、学校側も本部もいいに決まっていますものね。  確かにこの考えに少しは納得がいきます。  でも私が納得できなかったのは、その他大勢のお母さん方。  自分の子供は学校やお稽古・サークルに預けます、が、自分は仕事や他の事で忙しいので、役員やお世話係は絶対しません、と回りはばかりなく堂々と仰る。  そういう人に限って、何か問題が発生すると一番に文句をいう、陰口を叩く。  子供の様子を見に来たこともない人が、役員のしんどさを経験したこともない人が、何を言ってるんでしょう。  そういう好き勝手がまかり通るのが、今の自由な個人社会なのだとある友達は言っていました。  自分の家、子供、そして自分のことだけが何より大事なのは、どこの家庭も一緒だと思います。  その中で出来ることは協力しましょうというのが、地域の暮らし方でありPTAのお付き合いであり、多生の縁であると私は今でも考えています。

「そんな綺麗事言っているから、また今年も役員やらされてるじゃん!」・・・とは、子供達の言い分です。
でも、母は母なりに考えているのです。  もう、大きい役はしません。  いろんな人に、いろんな役を経験してもらって、学校の実態、地域の生活の有りのままを見てほしい、感じてほしい、そして意見を言ってほしい。  そういう会で言うのは意見として通じますが、陰でこそこそ言うのは悪口に他なりません。  人前で話すことに得手不得手はあると思いますが、そういう経験が何より大事かと思ったりするのです。

残念なことに、PTA一般役員は引き受けざるを得ませんでしたが、自分の勉強のためと割り切りました。
そんなこんなで、忙しくもあるのにお昼寝も儘ならず、仕事が忙しい夫は帰宅が遅く、必然的に私も就寝が遅くなっています。  記事としてUPしたいことはたくさんある、皆さんのブログにも遊びに行きたい・・・。  でも、コメントを書きながら寝てしまいそうになるSNAFKINでございます。
【2006/04/21 15:23】 | つれづれ・・・ | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
一週間ぶりに晴れ
一週間降ったり止んだりのお天気から、やっと今日は青空を見ることが出来ました。  恵みの雨は降ってもらわないと困るけど、たまる一方の洗濯物とにらめっこするのはもう飽きました。  軒下に干せるくらいの雨ならまだしも、バケツをひっくり返したかのような豪雨は勘弁してほしいものです。  軒下、部屋の中、少し乾いたら浴室乾燥とファンヒーターの前に分けて乾かしました。  こうでもしないと、子供達の部活に体操服が間に合いません。  運動をする子供を持つお母さん達は、きっと私と同じように頭を悩ませていらっしゃるのではないかと思います。

家の近くの公園の桜はこの雨にもめげず、まだその花を楽しませてくれています。  こんな年も珍しい。  例年は、小・中学校の入学式に満開を迎えるか散りつつあるのに・・・。
花の移ろいに季節を感じ、その季節に趣と感傷を感じ、そして我が身を振り返り、花の様や四季の自然に思いを重ね、やがて私は散っていくのでしょうね。  今が盛りを誇ることも、散っていくその様も、次の世代にしっかり見ていてほしい。

こんな青空の日に少し感極まったSNAFKINでございます。
と言いつつ、お昼ご飯の用意しなくっちゃあ~!
【2006/04/16 12:18】 | お天気 | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
パンパカパァ~ン!
ブログデビューしてから、今日でまる3ヶ月経ちました。  今でさえ、自分の思いを文章にするのは難しく、ひとつの記事に、ああでもないこうでもない、と言葉と格闘しています。  訪れてくださる皆さんのコメントに励まされ、いろんな気付きのヒントをいただき、本当に感謝しております。

『日々是、中庸が肝心』
最初から自分の芯を固定すること無く、生活・物事の捉え方・そして人との関わり方に考えを廻らせる心の幅を持ちつつ、自分の中の中庸を模索していきたいと思います。  もちろん、日々の小さな喜びを見つける楽しみを忘れず、ここに在られることに感謝して・・・。

3ヶ月経ったら、皆さんのところへリンクを頂きに上がろうと思っておりました。  リンクを貼ったことがないので、そのうちにご挨拶に伺います。  

こんなたわいもない毎日を送っているSNAFKINではございますが、これからもどうぞよろしくお願い致します。
【2006/04/12 11:41】 | ブログ | トラックバック(0) | コメント(24) | page top↑
息子の手術
こうも雨が降り続くと、息子を出産するため入院した大学病院の大きな窓を思い出します。


13年前の秋のある日、「切迫早産しかかってますから、このまま入院しましょう」 と出産予定の病院の医師にそう告げられ、予定日近くまで約2ヵ月半を病院で過ごすこととなった。  泣き叫ぶ上の娘を急きょ実家に託し、入院グッズを持ってその日の夕方入院した。  お腹の張り止めの点滴を受けながら、なんとも大変なことになったと思った。

2週間ほど経って入院生活にも慣れ、娘も落ち着き、夫も一人で何とか暮らしている様子、今日は超音波検査の日。  入院している同じような妊婦が何人も順番を待っている。  私の検査が終わって付き添いの看護婦さんが、「先生からちょっとお話がありますから、ドクター室へどうぞ」と言う。  『何回か検査はあったのにお話なんて何かしら?』  なんとなく、いや~な感じ。  そしてこの感じは当たることになった。

「SNAFKINさん、あなたのお腹の赤ちゃんは、おそらく横隔膜ヘルニアという病気になっていると思われます。 土曜日、大学病院の先生が来られますので再検査したいと思いますが、間違いないと思います。」
『えつ! ヘルニア? って、脱腸でしょ? へぇ~、そんなことも今は出産前にわかるんだ・・・』
「落ち着いて聞いてくださいね。今からその病気について詳しく説明しますね。」
この後聞いた話に、私の顔色が変わっていくのが自分でも分かった事を不思議と覚えている。  よく小説なんかに使われている表現、サーッと顔色が変わる、そのままだったから・・・。

先生の話によると、
横隔膜ヘルニアは他のヘルニアと違い、呼吸器系疾患に分類される。  腸の一部が横隔膜を破り肺の中に侵入し、重篤な場合、右狭心を引き起こし心疾患をも併発する。  原因はわかっていないが、胎児・新生児・お年寄りに多く発症する。  特に胎児・新生児の場合は、その発見が難しいことから死亡率が60%と高く、緊急手術を要する。  ただ、胎児でこの病気と判断でき、出産同時手術が可能な場合は比較的予後が良い。

「ただね、SNAFKINさん。 この病院では産ませてあげられないのよ。 小児外科と新生児ICU、小児用人工心肺装置がある大学病院でないと駄目なのよ。 大学病院もそれぞれの病気の得意分野があるから、ここらへんでは○○大学病院になるの。」と、普段とても恐い女医先生が優しく丁寧に仰る。
確かに有名な大学病院、でも遠い。  今入院している病院だって大きな総合病院で、設備はかなり整っている。 
『この数週間入院しているだけでも、夫や娘、実家の両親にかなりの迷惑を掛けているのに、これ以上の負担なんて・・・。 それに死亡率? それ何? 私の赤ちゃんが死ぬかもしれないってこと? 予定日までまだ何週間もあるのに、まだまだちっちゃな体なのに、それなのに手術するって?』

いろんな思いがぐるぐる頭の中でまわっている。  先生の話が終わったようだ。  何か言わないと・・・。  言葉が出ない・・・。
途中からうつむいて聞いていた私の目から涙がこぼれる前に、足元に、ポタッ、ポタッ。  あれ、私まだ泣いてないよ。  私の横で聞いていた若い看護婦さん、泣いてる、泣いてる。  それを見たら冷静になれた私。  先生に発見してくださったお礼を言い再検査をお願いし、その看護婦さんを励まし部屋に戻った。

6人部屋なので、女6人寄ると病院でも結構うるさい。  こういう時一人でないのは有難い。  たわいもない雑談をしていると、婦長さんが私のところに来られた。  しきりにさっきの若い看護婦さんの態度を謝っていらっしゃる。  看護婦となって7年になるそうだ。  それなのに冷静さを失って涙したこと、支えないといけない患者さんに励ましてもらうなんて、云々・・・。  私は思った通りに婦長さんにお話した。

『看護婦さんが泣いてくれたから、パニックにもならず冷静さを取り戻せた。  ありがたっかった!  泣きながら肩を抱き締めてくれた。言葉で励まされるより思いが伝わって、頑張ろうって気になれた。』
決してかばう訳でもなく、看護婦としてより人としての暖かさが嬉しかった。  看護婦さんとはいえ、時にはその人間性むき出しの方が患者は救われるのだと、そう感じて少し心が軽くなった私。

その週の土曜日、大学病院の先生を交えた再検査の結果、診断が変わることなく、大学病院のベッドが空き次第転院することとなった。  転院するまでに、腹部MRIの撮影、一時帰宅して、今度は出産グッズも持っての再入院となる。


全然泣かなかったかと言うとそんなことはありませんでした。  消灯時間を過ぎて同じ部屋の人達が寝静まった頃、声を殺して泣きましたねぇ・・・。  夫にも両親にも、どうして私の赤ちゃんが・・・と愚痴りました。  それでも、3日もすると落ち着いて夜もぐっすり寝てました。  寝相悪くてベッドから落ちそうになったのを、しっかり隣のベッドの妊婦さんに気付かれ、あくる朝看護婦さんに報告されました。
こんなときでも、食べること寝ることはしっかり出来る、SNAFKINでございます。  

長くなりましたので、大学病院での入院生活と出産のお話は、また後日・・・。 
【2006/04/11 13:10】 | 家族の話 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
今日はずーっと雨
朝6時ごろより降り始めた雨。  だんだん雨足が強くなってお昼前には叩きつけるような激しさ。  やっと見ごろを迎えた桜の花、もう駄目かしら・・・。  止む気配も無く今だしとしと降り続いている。  視線が、気持ちが遠い記憶へと向いてしまいそうな、そんな1日。  ちょっとメランコリックな気分にひたっていたら、「ただいま~ 今日の晩ごはん何?」と野太い声が・・・  って、まだ4時過ぎですからっ!
息子が部活を終えて学校から帰ってきました。  ああ~、これが現実なのねぇ・・・。
【2006/04/10 16:36】 | お天気 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
やれば出来るじゃない!
ここ数日、必要最低限の家事と夫と散歩兼花見をした以外、そのほとんどをPCに向きあっておりました。

子供達の新学期が始まったということは、PTAの新学期も始まったということで、年度初めはいろんな書類を書いたり、学校からの文書に目を通したりと、少しは忙しくなります。  が、今年は違ったのです!

6日木曜日の夜遅く、友達から電話がありました。  その友達は、今年度の中学校のコーラスの部長をすることがすでに決まっておりました。  彼女曰く、「コーラスの案内文書を始め色々作成しないといけないものがあるのに、私は全くPCが出来ないの。 お願い、助けて~」  彼女とは住んでる町が一緒なので、子供会も中学部会も、中学校の役員も一緒にしておりました。  お節介なところもあるのですが、総じて明るく元気な彼女。  助けてもらう事だってありました。  『今度は私が少しでも役に立つ番かしら』と思い、慣れないワードを立ち上げ、表・イラスト入りの文書3枚を作成することにしました。

PC初心者の私ですから、もう四苦八苦、いえ、36?72?
夫に教えてもらいながら途中娘に聞いたりと、何とか仕上げることが出来ました。  とっても疲れたけれど、いい勉強になりました。  このブログのようにただ文章を打つしかできなかったのですが、PCのいろんな機能にもうビックリ!  もっと勉強しないと使いこなせるようにはなりませんねぇ~。  
「やれば出来るじゃない!」と、普段私が子供達に言っている言葉がそのまま私に返ってきました(笑)

余談ですが・・・
8日、土曜日は黄砂がすごくて1時間ほど散歩しただけでお弁当を食べることを断念。  もう髪の毛がジャリって感じでした。  桜は8分咲きってところでしょうか・・・。  お弁当は家で食べました。  張り切って作った『寿司屋のおかみさん小話』ブログのおかみさん直伝のふくさ寿司。  娘がいないから携帯で写真とってもらうことも出来ず、もうお腹の中で消化されてしまいました。  美味しかったですよ~!
9日、日曜日、桜を追い求めて普段歩いたことの無いずいぶん遠い総合運動場まで行きました。  えっ!、あれ、白いの何?
薄ピンクの桜の花の並びに白い花。  木の幹も花も桜そのものなんだけど、花の色がまっ白。  こんな桜の花があるのでしょうか?  もしどなたかご存知なら、教えてください。
【2006/04/10 11:40】 | 日々の仕事 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
今日から新学期
中学生の息子は今日が新学期初日です。  1年前の桜の頃、ちょっと大きめの学生服を着てとても緊張していた息子、今日も、「あー、緊張する。」と言いつつ、学校へ走って行きました。
そう、今日はクラス替えの日なのです。  息子には大好きな女の子がいます。  小学3年生のときからずーっと。  なかなか同じクラスにならないジレンマに今日は緊張度がクライマックスのようです。
彼は何も言わないけれど、そばで見ていてなんだかほのぼの・・・。

彼女は昨年1年間、常にテストでトップを守り(しかもダントツ)、陸上部のホープとして県大会まで進み(1年生なのに)、合唱コンクールでは見事なピアノ伴奏を披露し、その性格も思いやり深く慎みある女の子。  彼女の担任の先生をして、「どうやったらあんないい子に育つのか、教師として不思議な存在だ」 と言わしめたほどのスーパーガールなのです。

息子よ、同じクラスになりたいのはとてもよく分かるが、その前に彼女につりあう男になるために自分磨きに励みなさいね!  女を見る目は褒めてあげよう。  好きになる気持ちに制限はないのだけれど、彼女に対して積極的な態度をとれない息子を見ていると、なんとなく歯がゆい母なのです。  それにしても我が息子がこんなに一途とは、ちょっと意外な気が・・・。

頑張れ、息子!
【2006/04/06 11:17】 | つれづれ・・・ | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
人間性バトン
COCOROの杜のuroroさんから人間性バトンをいただきました。  『人間性』・・・なかなか難しそうです。

1、バトンを回してくれた人の印象は
  ・ご自分が感じたことを正直に文章に表現されている
  ・ご家族をとても大切に思っていらっしゃる
  ・お友達が多いのではないかしら

2.周りから見た自分はどんな人
  ・好き嫌いがはっきりしている (人・もの・全て)
  ・とにかくマイペース (uroroさんと一緒だ~)
  ・自分に出来ることは引き受けてしまう(またまた一緒なのねー)
  (出来ると思ってしまう、どつぼ型)

3.自分の好きな人間性を5つあげよ
  ・嘘をつくまいと努力しているその正直さ
  ・自分のためではなく、人のために時間を使えるおおらかさ
  ・負けず嫌い
  ・自己愛を自覚している、ちょっとナルシスト?さ
  ・素の自分を磨く努力をしている勤勉さ

4.嫌いなタイプを5つあげよ
  ・卑怯なやつ
  ・困難から逃げる小心者 (私を含め)
  ・嘘つき
  ・自分や人を傷つけて快感を覚えるやつ
  ・笑顔で挨拶出来ない人

5.自分がこうなりたいという理想像
  ・自分の周り(人・もの・自然)に感謝できる人
  ・人をきちんと認めることが出来る人
  ・おごらず、たかぶらず、頭のいい人
  ・自分の非を認めたら素直に謝罪できる人
  ・生活を楽しみ、人を楽しみ、何事も努力を怠らない人

6.自分を慕っている人に叫んでください
  自分の人生楽しむため、頑張ろうー!

7.そんな大好き5人にバトンを回してください
  大好きな人ありすぎて困っちゃうから、お持ち返り自由にどうぞ!

普段の生活であまり考えない人間性について、錆ついた頭をフル回転させてみました。  夕食の献立を考えるよりしんどかったよ~!
【2006/04/03 01:13】 | バトン | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
・・・少し喧嘩になりました
皆さんに励ましていただいてやっとの思いで書き上げた体験談、ボツにしました。

原稿を断酒会に提出した例会の翌日、夫が、「やっぱり勤務先に知れるのが恐い」と言い出し、断酒会の先輩に断りの電話を入れました。  原稿を廃棄してくださるようお願いし、せっかくの機会を駄目にしてしまったお詫びを言いながら、涙がこぼれそうでした。

私一人が、先を急ぎすぎたのでしょうか?
夫と少し言い争いになりました。  どこの誰だか分からないように書いた体験談ぐらいなんともないと思っている私と、アル症本人の夫とでは、たとえ体験談ひとつでもその重みはずいぶん違うのだということがわかりました。
回復はまだまだだと情けなく思っていると、断酒会の先輩が一言。
「回復し始めたからこそ、恥ずかしいし恐いんだよ。自分のしてきた過ちを堂々と語れるのは、もっともっと先でもかまわないさ」

夫の気持ちをなかなか汲み取ることが出来ない自分を反省しました。  『このブログに記事としてUPし、皆さんに読んでいただいて暖かい言葉をいただじゃないの。 これで良しとしよう! こんなことで喧嘩をするなんて、励ましていただいた皆さんに恩を仇で返すようなもの』 そう思いながら書いています。

自分自身のレベルアップがなかなか出来ないSNAFKINです。
【2006/04/02 23:51】 | 私のこと | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。